古物商の資格・免許の取り方サイトマップ

サイトマップ

古物商の資格・免許の取り方のサイトマップ

「オークション」の記事一覧

  • 商品写真について
    無店舗営業では商品写真が全てですので良い点も悪い点もしっかりと写るようにしなければいけません。できるだけ魅力的に写るように構成や背景にも注意し、クリーニング可能なものは撮影前にクリーニングをしておきましょう。
  • 送料を知ろう
    無店舗営業の場合、送料もコストの一つとして考えなければいけません。発送方法も様々で、小さい物を発送する際には定形外郵便やメール便など安く送る方法もあります。ただし、保障がないため、高額な商品の場合は気をつけなければいけません。
  • ショッピングモール
    ショッピングモールも販売促進として有効な手段です。年間の契約料を支払えば個人・法人問わずに参加可能です。ただし、契約料に見合った利益をだせるかどうかは、ショッピングモール自体の集客力やショップの販売力次第です。
  • 海外オークション
    海外オークションサイトで有名なのがe-bay(イーベイ)です。どこの国からでも入札・落札が可能です。海外オークションでは相手の殆どが日本人では無いためにいろいろと融通が利くというメリットがあります。
  • モバイルオークション
    モバイルオークションとは携帯電話から閲覧が可能なオークションです。パソコンとの併用も可能です。モバペイ取引という独自の取引方法があり、支払いに仲介業者を入れることで支払いトラブルを解消しています。
  • 楽天オークション
    楽天オークションも利用者の多いオークションです。ヤフーオークションには無いクローズドシステム、共同購入などがあります。楽天ショッピングの利用者も多く、個人よりもショップの出品が多いことから値段はやや割高な感じがあります。
  • ヤフーオークション
    日本で最大規模のネットオークションであるヤフーオークションは膨大な量の品物が出品されています。匿名性が高いという特徴があるため、トラブルも多いです。トラブルについては自己責任とされていますが、対応に不満を抱くユーザーもいます。
  • オークションの人気
    利用者の数が多く、人気のあるオークションといえばヤフーオークションです。旬のアイテムに人気が集中するので、流行には常に敏感にならなければいけません。良い商品を扱うことで固定客は付きますが価格についてはシビアです。

「中古ビジネス」の記事一覧

  • 中古ビジネスで売れないもの
    中古ビジネスでは数多くのものが売ることが出来ますが、売ってはいけないものも存在します。一部の船舶、航空機、鉄道車両などです。古物と言っても、必ずしも中古ではなく、一度人の手に渡ったものは新品でも古物となります。
  • 古物市場について
    古物市場は誰でも入ることが出来ますが、かなり閉鎖的な市場と言えます。取引も情報も仲間内で取引されるため、古物市場で仲間を見つけることが大切です。知人に古物商許可証所持者がいれば、同行させてもらって見学してみると良いでしょう。
  • 中古ビジネスの種類
    中古ビジネスは13種類に分類されていますが、届出には主に扱う商品を記載すれば良いので、分類ごとに申請しなければいけないわけではありません。しっかりと市場を調査すれば、どの分類の商品でも利益を出すことは可能です。
  • 中古ビジネスが儲かる理由
    人気のビジネスにリサイクルショップや古着屋などの中古ビジネスがあります。古物商許可証があれば誰でも始めることが可能で、インターネットを利用した無店舗での営業が可能なのも人気の理由です。

「仕入れ」の記事一覧

  • 市場のリサーチ
    古物商品を扱う際、幅広い商品分野の中からなにを売ればいいのかを見極めるためにリサーチすることが重要になります。通販の場合、売れ筋ランキングやオークションの入札状況などを見て、どんな商品が需要があるのかリサーチしましょう。
  • クリーニングをしよう
    古物は汚れがあって年季が入っているほうが価値がついたりしますが、外観を塗装し直したり、クリーニングすることで価格が跳ね上がったりする物もあります。外観を整えるだけでも価格が異なるのは、古物営業の魅力的な部分だと言えます。
  • 古物市場での仕入れ術
    古物市場で仕入れをするためには古物市場がいつどこで開催されているのか知らなければなりません。古物市場はかなり閉鎖的な市場のため、すでに通っている友人などがいる場合には同行させてもらうと良いでしょう。
  • フリーマーケット仕入れ術
    フリーマーケットも仕入れ先としてオススメです。特に終了間際になると、大きく値引きしてもらえることもあるのです。売り手のアイデア次第で商品の価格が決まるので、仕入れの際にはその商品をどう売るかを常に意識しておきましょう。
  • 通販での仕入れ術
    現在ではインターネット上からの仕入れが出来るようになっています。形態は様々ですが無店舗の個人でも仕入れが可能なサイトもあります。ただし、仕入れ価格が高めに設定されていたり、送料がかかってしまったりするデメリットもあります。

「仕入れマスターになろう」の記事一覧

  • 相場を知る
    古物商品を仕入れる場合、その商品の新品価格を知る必要があります。そして古物になった場合にどれほど価格が変化するかを見ます。まさかと思うような商品がまさかと思うような価格で取引されていることも珍しくありません。
  • 得意分野を見つける
    商品仕入れの際は、主力商品は自分の得意分野が良いです。マニアックな商品なら、尚良いです。自分がどのような分野が得意なのか、しっかりと考えてみてください。掘り下げて考えてみると、一つや二つは得意分野があるものです。

「古物商許可証」の記事一覧

  • 通販のデメリット
    無店舗営業のデメリットはインターネットやネットオークションの知識が必要となるところです。ホームページ作成やネットオークションでの出品などは、まったくの初心者には難しい作業となる場合があります。
  • 通販のメリット
    通販のメリットは大きな経費がかからない点です。通販の現在の主流はインターネット通販です。注文から商品受け取りまで自宅で出来る手軽さや、ネットならではの物や全国の取り寄せ商品が入手できるのも人気の理由です。
  • 無店舗営業
    無店舗営業とは実際の店舗を構えずに営業することです。この場合でも古物商許可証が必要になります。開店資金がかからない上に自宅での営業も可能ですが無店舗営業に向いている商品を仕入れられるかどうかが鍵となります。
  • 実店舗営業
    古物営業にとっても十分な店舗スペースがあれば理想的です。在庫スペースがあれば大型家具や家電、中古車など通販では扱いにくいものも扱える利点があります。また、どんな商品を扱う場合でも陳列や店舗作りに注意しなければいけません。
  • 資格が取れない人
    古物商許可証を取得する場合、ある条件に当てはまる人は取得ができません。心神喪失の状態、破産者、住所不定、未成年などは取得できません。また古物営業法違反や財産法で罰金刑に処されている人なども取得することはできません。

「古物市場」の記事一覧

  • 古物市場への参加
    古物市場は閉鎖的で新しい人を好まない場合もありますが、規模の大きな市場は新しい人への心配りをしているところもあります。参加費が安かったり、競りの掛け声をわかりやすくしてあったりします。
  • 古物市場の開拓
    古物市場は優良な仕入れ先と言えます。古物市場にはいろいろな分野があり、それぞれ独自の特色をだしていますので、自分の分野にあった市場を選ぶと良いでしょう。古物市場一覧は警察署かインターネットで見ることが出来ます。

「手続き」の記事一覧

  • 必要な届出
    古物商許可証を取得した後に変更事項が発生した場合は、速やかに警察署へ変更の届けを出さなければいけません。営業所の名前の変更や取り扱い品目の追加、許可証の紛失や廃業など書類に記載してある事項の変更の場合、届け出が必要です。
  • 申請方法と書類
    古物商免許に必要な申請書類はいくつかありますので、警察署で事前に何が必要か聞いておきましょう。個人と法人では、申請書類が異なることにも注意が必要です。申請後10日程度で警察署から実地検査の知らせをもらいます。
  • 古物商の資格について
    古物商の資格は試験を受けて取得するものではなく、申請によって取得する資格です。欠格事由に該当しない限り、取得は難しくありません。取得方法は、住んでいる地域の警察署の生活安全担当課に申請をします。

「海外仕入れ」の記事一覧

  • 日本から仕入れて海外で売る
    日本で仕入れたものを海外オークションを利用して販売することも出来ます。日本から日本独自のものを出品している日本人もたくさん居ます。文化が違うため、まったく必要とされない物もあるので外国人の目線でのリサーチが必要です。
  • 海外から仕入れて日本で売る
    日本で入手できない物を海外から仕入れて販売すれば、人気が出ることは確実です。しかし、直接現地で仕入れるのではコストがかかってしまうので、海外オークションを利用して仕入れコストを安くすることが可能です。

当サイトのサイトマップです。

古物商の取得の方法から、オークションや古物市場の参加方法、仕入れ方法などを解説しておりますので、どうぞご参考下さい。

サブコンテンツ