中古ビジネスが儲かる理由

中古ビジネスが儲かる理由

今、中古ビジネスが人気です。

中古ビジネスには、多くの方が一度は利用したことがあるリサイクルショップや古着店、インターネット上ではオークションなどがあります。

古本屋もそうですね。


「古い」と聞くと、非常に貧乏臭いイメージがありますが、言葉を変えれば「アンティーク」です。

古いものほど値打ちがでるものもありますし、コレクターは世界中に存在しますので、マーケットは世界中にあると言っても良いのです。


中古ビジネスは実店舗で営業することも可能ですし、無店舗でインターネットの仮想店舗での営業も可能です。

しかし、いずれにしても古物を取り扱う上では、古物商許可証という免許が必要になります。


これは資格試験ではなく、住まいの都道府県の警察署で申請するものです。

これがなければ古物の営業は不可能です。

趣味の範囲でオークションへ出品することは、黙認されていますが、本来であればこれを生業をするのであれば古物商許可証の所持が必要になります。


中古ビジネスは誰でも始めることができますし、しっかりと勉強すればサラリーマンをしながら副業としても成り立つビジネスです。

私も最初は、「人にものを売る商売なんて、難しい」と考えていましたが、実際に行ってみると、手順や仕組みを理解さえしていればさほど難しいものではありませんでした。


普段の買い物の手順や、通信販売で商品を購入したことがあれば、その逆の立場になるだけなのです。

売るものが古物なだけなので、イメージとしては、非常に想像しやすいと思います。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ