中古ビジネスの種類

中古ビジネスの種類

中古ビジネスの種類は全部で13あります。

・美術品類
・衣類
・時計、宝飾品
・自動車
・自動二輪車および原動機付き自転車
・自転車類
・写真機類
・事務機器類
・機械工具類
・道具類
・皮革、ゴム製品類
・書籍
・金券類

上記の通りになります。


このように各分類されますが、例えばすべての商品を売りたいと思ったら、それももちろん可能です。

届出には、主に扱う商品を記載すれば良いことになっていますので、申請していないから売れないというわけではありません。


現在、テレビ番組の影響などで古いものの価値が見直されています。

「オタク」とよばれるマニアやコレクターの影響も強く、古いものにどんどん価値が見出されています。

中でも美術品はその物に歴史があればあるほど無限の価値があり、場合によっては博物館級のお宝まであります。


一方、比較的新しくて価値があるものは、機械類です。

とくにカメラやパソコンなどは新しいものがどんどん販売されていますので、型落ちしたものは新品であっても安く取引されます。

そこを狙って仕入れるという手もありますね。


ほかには一時期「せどり」としてはやった古本関係の商売も、コレクターがたくさんいますので、マニアックな書籍を手にいれることができれば利益を出すことは十分に可能です。

自動車に関しても同様で、現在国産車よりも外車の年代ものの車が若者に人気です。

中古市場をしっかりと調査して、知識を活用すれば多いに儲けられる商売になるでしょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ