古物市場について

古物市場について

古物市場は誰でも入ることができる市場です。

しかしながら、かなり閉鎖的な市場であることも確かです。


各都道府県の警察署では古物市場開催主の連絡先などを把握していますので、一覧表をもらうことができます。

ただし、住所と名前の記載があっても連絡先電話番号の記載がない場合がありますので、電話帳などで自分で調べる必要があります。

さらにリストに市場開催予定日が「不定期」とされている場合もありますので、開催主に連絡をして開催日を教えてもらう必要があります。


また、市場が閉鎖的で仲間内での取引が多く、あまり新しい取引を好まない主催主もいますので、自分と合う主催主を探すためには、何度となく古物市場に足を運ぶ必要があるかもしれません。

有益な商品はすべて仲間内で取引されることから、良い情報も古物市場にはたくさんあります。

その情報を得るためには、古物市場で仲間を見つけることです。

多くの人と会話をし、仲良くならなければいけません。


そのため、できるだけ古物市場へは自分ひとりで行くことです。

友達や家族を連れていくことはやめたほうがよいでしょう。

新しい情報を入手できませんし、相手もなかなか話しかけてきてくれません。


古物市場へは古物商許可証を持っていかなければいけませんので、取得が必要になります。

訪れる際には、行く人すべてが古物商許可証を持っている必要はなく、同行者の一人が持っていれば大丈夫です。

ですので、見学という意味でも、古物商許可証を取得する前に、知人の免許所持者に同行させてもらうのも一つの方法です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ