古物商許可証

サイトマップ

通販のデメリット

無店舗営業のデメリットはインターネットやネットオークションの知識が必要となるところです。ホームページ作成やネットオークションでの出品などは、まったくの初心者には難しい作業となる場合があります。

>>通販のデメリットの全文を読む


通販のメリット

通販のメリットは大きな経費がかからない点です。通販の現在の主流はインターネット通販です。注文から商品受け取りまで自宅で出来る手軽さや、ネットならではの物や全国の取り寄せ商品が入手できるのも人気の理由です。

>>通販のメリットの全文を読む


無店舗営業

無店舗営業とは実際の店舗を構えずに営業することです。この場合でも古物商許可証が必要になります。開店資金がかからない上に自宅での営業も可能ですが無店舗営業に向いている商品を仕入れられるかどうかが鍵となります。

>>無店舗営業の全文を読む


実店舗営業

古物営業にとっても十分な店舗スペースがあれば理想的です。在庫スペースがあれば大型家具や家電、中古車など通販では扱いにくいものも扱える利点があります。また、どんな商品を扱う場合でも陳列や店舗作りに注意しなければいけません。

>>実店舗営業の全文を読む


資格が取れない人

古物商許可証を取得する場合、ある条件に当てはまる人は取得ができません。心神喪失の状態、破産者、住所不定、未成年などは取得できません。また古物営業法違反や財産法で罰金刑に処されている人なども取得することはできません。

>>資格が取れない人の全文を読む


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ