資格が取れない人

資格が取れない人

古物商許可証を取得する場合、普通は誰でも取れるようになっていますが、ある条件にひっかかってしまうと取得ができなくなります。


その条件は、心神喪失の状態で自分の財産を管理する能力がない人。破産者などです。

普通の生活を送っている人で破産していなければまず大丈夫です。


ほかの条件は古物営業法違反や財産法を犯した人で罰金刑に処されている人。

また、その執行を終わった日から5年たっていない人です。

5年過ぎていれば大丈夫です。


次に住所不定の人。これは普通に考えればわかりますね。

次に古物営業の許可証を取り消されてから3年たっていない人も資格が取れません。

さらに3年以内に無許可営業で罰金刑になった人も無理です。


そして当たり前といえばそうですが、未成年も取得できません。

例外として未成年の場合でもその本人が古物商や古物市場主の相続人であって、法定代理人がどの項目の条件にも当てはまらない場合は取得できます。

また、これらの事項は許可申請をする本人だけにあてはまることではなく、同居している親族に同様の条件が当てはまる場合にも資格は取得できませんので注意しましょう。


いろいろと難しいかもしれませんが、普通に生活を送っていて、過去に大きな過ちを犯したことがなければまず大丈夫ですのでご安心ください。

古物商許可証は警察署が与えるものですので、欠格自由には当たり前のような事項が並んでいると思いますが、多くの場合は申請時にとりわけ厳しく追及されることはありません。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ