実店舗営業

実店舗営業

商品を販売する上で、店舗を持つことは非常に有効です。


もしもあなたが古物営業を始めたいと思っていて、十分な店舗スペースがあるのであれば理想的です。

特に大型家具などは在庫を抱えるほどスペースを取ります。

商品が増えるほど大きな店舗が必要になります。


もしも実店舗で営業をする場合には、登記謄本などが必要になります。

実店舗営業に向いている古物商品は、通販ではなかなか扱えないような大型家具や家電のほか、中古車も人気です。

また、大型の機械類もひそかに需要があります。

置く商品によって店舗の外観や内装などにも気をくばりましょう。


今はリサイクルショップが多数ありますが、例えば家具関係を主に扱っている場合は、外観もシンプルな倉庫風でも問題ありません。

しかし、ファッション小物や洋服を扱っている場合には、そうはいきません。

できるだけ洒落た外観や内装にしたり、若者向けにすべきなのです。

このように取り扱い商品によって店舗の営業方法も大きく変わりますので、吟味したいところです。


また、どの商品においても共通して言えることは、「古物」を意識させないことです。

いかにも古びた汚らしい商品陳列や、薄暗い照明では、高く売れるものも売れませんし、何よりもお客様が入ってきてくれません。

お客様が足を運びたいと思えるような店舗作りがもっとも重要といえます。


多くの客を取り込むコンビニでは、照明の並べ方にもこだわりを持っていますし、床をピカピカに磨くことにも理由があります。

このように、いかにして多くの客を呼び込むかが鍵となると言えるでしょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ