無店舗営業

無店舗営業

無店舗営業はその名の通り、実際の店舗を構えずに営業することです。

いわゆる通販が代表的な例ですね。


無店舗営業の場合でも古物商許可証が必要になりますので、取得が必要です。

無店舗営業に向いている商品をそろえれば、誰でも販売することができます。

大げさな店舗を構える必要がないので、開店資金がほとんどかからない上、自宅で営業することも可能です。


通販以外の無店舗営業のかたちとしては、行商と呼ばれるかたちで、訪問販売などもそれにあたります。

また道路や道端に店を構える"露店"も行商になります。


行商を行う場合には、古物商許可証申請時に行商をする旨のチェック欄がありますので、そこにチェックをいれなければいけません。

チェックをいれないまま申請して、行商を行うと違反となります。

予定がない方でも、一応チェックはいれておいたほうが良いでしょう。


無店舗営業向けの商品は、できるだけかさばらない商品が良いでしょう。

自宅で開業することも考えて、カード類、本類、原画、DVDなど場所をとらないものが良いですね。

もしも自宅に大きな倉庫があるのであれば、そこに在庫を置けるので大きな商品でも可能です。

商品発送の際にトラックが出入りできるスペースがあればなお良いですね。


無店舗営業は開店までのコストがあまりかからないというメリットがありますが、無店舗営業に向いている商品をしっかりと仕入れられるかどうかが鍵になっていると言えるでしょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ