通販のデメリット

通販のデメリット

無店舗営業の通販にもデメリットがあります。


まず、インターネットの専門用語などが苦手な方、インターネット初心者には、一つ一つが難しい作業になるかもしれません。

自分のホームページを作る必要がある場合がほとんどですので、その作業に時間がとられて、実際に営業を開始するまでに何ヶ月もかかるということもあります。


ネットオークションを使う手もありますが、その場合には、写真撮影をしっかりし、オークションの相場をリサーチする必要があります。

自分の好みと消費者の好みは異なる場合がほとんどですので、市場リサーチは古物営業において必須事項です。


ネットオークションの場合は、出品する曜日や時間帯によって入札状況が変わってきたり、商品説明の書き方一つで売れるか売れないかが決まってしまう部分がありますので、必ずしも"良い商品が売れる"ということではありません。

むしろ"普通なら売れない商品も、工夫次第で売れる"という、ちょっと変わった一面を持っています。


消費者が実際に商品を手に取って見ることができない分、写真がすべてですので、写真の取り方一つで入札が入るか入らないか決まりますし、入札が入ったとしても価格が上昇するかしないかが決まります。

ここらへんはネットオークション暦が長ければ長いほど経験によって学ぶ部分が多いので、初心者の方はできるだけベテラン出品者の出品方法を勉強するようにしましょう。

また、実際に自分でもたくさん利用することが勉強になります。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ