手続き

サイトマップ

必要な届出

古物商許可証を取得した後に変更事項が発生した場合は、速やかに警察署へ変更の届けを出さなければいけません。営業所の名前の変更や取り扱い品目の追加、許可証の紛失や廃業など書類に記載してある事項の変更の場合、届け出が必要です。

>>必要な届出の全文を読む


申請方法と書類

古物商免許に必要な申請書類はいくつかありますので、警察署で事前に何が必要か聞いておきましょう。個人と法人では、申請書類が異なることにも注意が必要です。申請後10日程度で警察署から実地検査の知らせをもらいます。

>>申請方法と書類の全文を読む


古物商の資格について

古物商の資格は試験を受けて取得するものではなく、申請によって取得する資格です。欠格事由に該当しない限り、取得は難しくありません。取得方法は、住んでいる地域の警察署の生活安全担当課に申請をします。

>>古物商の資格についての全文を読む


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ