古物商の資格について

古物商の資格について

古物商の資格は、通常の資格試験のように勉強をして取得するものではありません。

正しく「申請」すれば、多くの人が取得できるようになっています。


ただし、取得にあたり、欠格事由というものがありますので、
これに該当する場合は取得できないようになっています。

しかし、以前に大きな犯罪を犯したり法律に触れるようなことをせず、
普通に生活を送っている人であれば問題なく取得できますのでご安心ください。


古物商の申請方法

古物商の資格は警察署に申請をします。
住んでいる地域の警察署であればどこでも取得できます。交番ではダメです。

また、警察署の生活安全担当課に申請します。

この課が自分が住んでいる地域のどこの警察署にあるか不明な場合は、
最寄の交番などに電話して聞いてみてください。

いずれにしても地域の警察署にありますので、そう遠くはない場所です。


もしも、これから幅広く営業をしたいと思っている場合で、
同じ県内に複数の営業箇所を持ちたい場合には、
すべての地域で取得するのではなく、一つの警察署での申請で大丈夫です。

その後の変更手続きなどは、申請を出した
同一の警察署で行うことになりますので、利便性の高いほうを選んでください。


ただし、もしも複数の県で営業をしたい場合には、複数の県での申請が必要になります。


申請に必要な書類は市役所などで前もって取得する必要がありますので、
まずは最寄の警察署に連絡をして、提出書類の不備がないように説明を受けたほうが良いでしょう。


⇒続き:申請方法と書類」について


「古物商の許可申請と届出の方法」について詳しく知りたい方は、下記もご参考に。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ