仕入れ

サイトマップ

市場のリサーチ

古物商品を扱う際、幅広い商品分野の中からなにを売ればいいのかを見極めるためにリサーチすることが重要になります。通販の場合、売れ筋ランキングやオークションの入札状況などを見て、どんな商品が需要があるのかリサーチしましょう。

>>市場のリサーチの全文を読む


クリーニングをしよう

古物は汚れがあって年季が入っているほうが価値がついたりしますが、外観を塗装し直したり、クリーニングすることで価格が跳ね上がったりする物もあります。外観を整えるだけでも価格が異なるのは、古物営業の魅力的な部分だと言えます。

>>クリーニングをしようの全文を読む


古物市場での仕入れ術

古物市場で仕入れをするためには古物市場がいつどこで開催されているのか知らなければなりません。古物市場はかなり閉鎖的な市場のため、すでに通っている友人などがいる場合には同行させてもらうと良いでしょう。

>>古物市場での仕入れ術の全文を読む


フリーマーケット仕入れ術

フリーマーケットも仕入れ先としてオススメです。特に終了間際になると、大きく値引きしてもらえることもあるのです。売り手のアイデア次第で商品の価格が決まるので、仕入れの際にはその商品をどう売るかを常に意識しておきましょう。

>>フリーマーケット仕入れ術の全文を読む


通販での仕入れ術

現在ではインターネット上からの仕入れが出来るようになっています。形態は様々ですが無店舗の個人でも仕入れが可能なサイトもあります。ただし、仕入れ価格が高めに設定されていたり、送料がかかってしまったりするデメリットもあります。

>>通販での仕入れ術の全文を読む


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ