通販での仕入れ術

通販での仕入れ術

いざ許可証を手にしたら、早速営業を開始することができます。

実店舗営業の場合にはオープンできるというわけです。


そこで商売に欠かせない仕入れですが、どこから仕入れたら良いのでしょうか。

問屋街の近くに住んでいれば、そこから仕入れることも可能ですが、誰もがそうだとは限りません。

また、同じところからばかり仕入れていては、商品陳列に真新しさが生まれません。


そこで活用したいのが通販からの仕入れです。

現在、インターネット上で仕入れができるようになっています。


いろいろなパターンがありますが、登録をすると審査があり、その審査に通れば仕入れができるサイトもあります。

この場合、実店舗を持っていないと審査に通るのは難しいようです。

個人で無店舗でも仕入れが可能なサイトもあります。

登録も無料で、仕入れロットも1つからというのも個人向けです。


ただし、仕入れ価格以外に送料がかかるなどのデメリットもあります。

また、仕入れとはいえ、1つから仕入れ可能なので、仕入れ価格が高めに設定されている場合もあります。

また、このような仕入れサイトは多くの人が利用しているので、セール品や新商品については早々と売り切れてしまうことがありますので、メールマガジンなどをこまめにチェックしておかなければいけません。


通販で仕入れる方法は、手軽で便利なのですが、その分コストがかかるデメリットもあります。

通販のみの仕入れに頼らずに、古物市場やフリーマーケットなども併せて上手に活用しましょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ