フリーマーケット仕入れ術

フリーマーケット仕入れ術

営業に必要な仕入れ先はフリーマーケットもオススメです。

フリーマーケットはできるだけ大きな規模のところが良いでしょう。

それだけ品数も豊富です。


フリーマーケットで仕入れる場合には、できれば終了間際に行くことをオススメします。

開店直後には確かに商品点数も豊富で好みのものを仕入れることができるかもしれませんが、値切りに限界があることも事実です。

しかし、終了間際に行くと、「一山いくら」で仕入れができます。


例えば洋服を売っている人は、売れ残りを家に持って返って、タンスの中にまたしまうという面倒なことはしたくないのです。

ですので、なんとしてでも全部売り切ってしまいたいという売主の思いがありますから、値切りやすいのです。

自分の好みのものだけの購入ではなく、まとめて購入して大きく値引きをしてもらいましょう。


また、商品を見るときには、常に「売れるか?」という目線ではなく、「自分だったらこの商品をどう売るか?」を考えましょう。

その商品自体の力で売れる売れないが決まるのではなく、商品にどれほどの付加価値をつけて売ることができるのか、どうすれば商品が魅力的に見えるのか、見せることができるのかを考えてみましょう。

もちろん商品力も必要ですが、売り手のアイディア一つで、商品の価格が決まります。

単品で売るのか、抱き合わせでセット販売する方法もありますし、写真の取り方一つ、陳列の方法一つで変わってくるのです。


最初からなかなかうまくいかないかもしれませんが、仕入れが肝心ですので、徐々に自分の仕入れを確立していきましょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ