古物市場での仕入れ術

古物市場での仕入れ術

古物市場での仕入れをするためには、まずは古物市場がいつどこで開催されているのかを知る必要があります。

首都圏のほうだと、かなり頻繁に開催されていますが、地方に行けばいくほど開催回数は少なくなります。


また、古物市場はかなり閉鎖的な市場ですので、インターネットの情報などで公開されていることはまずありません。

仲間内だけでの取引も珍しくなく、新入りを好まない開催主もいます。

ですので、初心者にとってはかなり敷居の高い市場だと言えます。


ですので、可能であれば、すでに古物市場に通っている人に同行させてもらいましょう。

親しい友人でなくてもかまいません。

知り合いの知り合いで、そのまた知り合いの人という遠い関係の方でもかまいませんので、最初だけ同行させてもらえるのであれば、是非お願いしましょう。


そしてなんとなく雰囲気をつかんだら2回目からは一人で行きましょう。

決して友人と一緒に行かないようにしてください。

市場では情報収集が鍵ですので、さまざまな人と話せるように、一人で行きましょう。


市場ではセリがほとんどですので、セリにもまずは経験として参加してみます。

買い方は市場によってさまざまですが、専門用語を使う市場もありますし、そうでない場合もありますので、いろいろな市場に顔を出してみることです。

参加には必ず古物商許可証が必要になりますので、忘れないようにしましょう。

また、場合によっては参加費などがかかることもあります。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ