クリーニングをしよう

クリーニングをしよう

扱う商品が古物なので、できるだけきれいにして販売したいものです。


もちろん、汚れがあって年季が入っているほうが価値がつきやすい場合もあります。

骨董品や歴史のある美術品はあまりきれいに汚れをゴシゴシこすってしまうと、破損したり価値がなくなってしまう場合もありますので注意しましょう。


私の知人の古物営業の話ですが、工務店が使うような工具や浄化槽などを仕入れてきては、外観を塗装できれいにしたり、工具をきれいに研磨するだけで見違えるようになり、価格も跳ね上がっていました。

大型のフォークリフトなども、タイヤを交換したり、さびている部分をきれいに塗装したり、敗れた座席シートを新しいものに交換することで、何十万円も価格が変わるのだと言います。

クリーニングにかかる手間はありますが、費用はさほどかからないそうで、手間をかけてきれいにするだけで利益が出るというのだから驚きです。


多少の工具類や機械類の知識は必要のようですが、普通の男性で車を運転する人、自宅で農業を行っている程度の知識があれば、十分に仕入れることができるそうです。

というのも、こちらに知識がなくても、専門用具になるほど、買い手のほうが知識を持っているのです。

つまり、お客様のほうがその工具類を使うプロですから、よほど詳しいのです。

ですので、こちらは、あまり詳しい知識を持ち合わせている必要がないということです。


実店舗営業であれば、しっかりと商品を確認してもらえますし、無店舗営業であれば、写真にすべて収めることであとはお客様が判断するようになります。

クリーニングして外観を整えるだけでも価格が異なるのは、古物営業の中でも魅力的な部分です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ