市場のリサーチ

市場のリサーチ

あなたが古物営業を始める際、どんな商品を主力にして売っていきたいですか?

商品分野は幅広くピンからきりまでありますが、その中から一体何を売れば儲かるのでしょうか。


まず、実店舗と無店舗では取り扱うのに適した商品が異なりますが、それでもできるだけ自分で仕入れやすい商品を販売したほうが良いことには変わりはありません。

一度しか仕入れられないようなものは、商品として定番化しませんし、常に売れるのかどうかの見極めが難しいのです。


売れない商品ばかりをいくら安いからと言って仕入れても仕方がありませんので、何が売れるのかをしっかりとリサーチすることが重要です。

例えば通販の場合は、この市場リサーチには多額の投資や時間を費やす価値があると言われています。それほど大切なのです。

多くの商品が溢れている今だからこそ、消費者が何を望んでいるのかを見極めなければいけません。


このリサーチは通販の場合は売れ筋ランキングを見たり、オークションのカテゴリごとにどんな商品にどれほどの入札が入っているのかなどを見ます。

また、入札が入っている商品とそうでない商品の違いも見なければいけません。


実店舗の場合は、常にお客さんで混雑している人気のあるリサイクルショップとそうでないリサイクルショップの違いを見てみましょう。

人気があるかどうかわからない場合には、自分が利用したいと思えるかどうかで判断してもかまいません。

居心地の良い店舗とはどういう店舗なのかをリサーチしましょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ