相場を知る

相場を知る

古物商品を仕入れる場合に、その商品の新品状態の価格を知る必要があります。

だいたいでかまいません。

そして、古物になった場合にどれほど価値が落ちるのか、また逆に価値が上がるのかを見ます。


さらに、市場ではその商品がどれほどの価格で取引されているのかも当然見なければいけません。

まさかと思うような商品がまさかと思う価格で取引されていることが良くあります。


知り合いの古物営業者は、ただ同然の価格で中古の浄化槽を仕入れてきて、数万円程度で販売していました。

しかも浄化槽は中古でもよく売れるということです。

一般消費者の購入よりも工務店さんが購入していくようです。

このように業者をターゲットにして商品を販売しても面白いです。


中には、機械化の高校の先生が、実習で使うために工具や機械類を購入していくという場合もありました。

普通の人が目をつけにくい分野で商品を仕入れると思わぬほど売れたりするのです。

またそのような商品ほど、仕入れ価格が安くて、販売価格が高いので、1点あたりの利益が大きくなります。


相場を知っているからこそ、売れる商品をピンポイントで仕入れることができますし、売れ残りとして無駄な在庫を抱える必要もあります。

さらに利幅が大きいとなれば、これこそまさに儲かる古物営業のお手本と言えるでしょう。

そのためには、いろいろな職業の人とつながりをもち、専門分野の話を聞いたりすることが必要です。

情報収集も必要不可欠ということですね。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ