古物市場の開拓

古物市場の開拓

古物商許可証を取得している人しか参加できない古物市場は、もっとも優良な仕入先と言っても良いでしょう。


古物市場にはいろいろな分野があり、ある古物市場は電化製品が多数ある、一方で、ある古物市場は工具類が豊富、ある古物市場はブランド品専門、ある古物商は総合的に取り扱っている、など、市場によって特色を出しています。

ですので、自分がどのような商品を仕入れたいのかを明確にすると、市場も選びやすくなります。


古物市場一覧は、通常は出回っていません。

電話帳にも掲載されていません。

警察署で一覧を見ることができますので、コピーしてきましょう。

また、インターネットでも見ることができます。


市場ごとにほとんどが利用料や席料などを支払わなければいけません。

会員料になるか、年会費になるか、それは市場によってさまざまです。

都心部へ行くほど多数の古物市場があり、毎週定期的に開催されていますし、開かれた市場も多くなっています。

地方ほど閉ざされた市場が多く、古物市場そのものが少ない場合があります。


ちなみに、横濱タイガーデンは有名な市場で、日本最大級とされています。

横浜、東北、神戸、名古屋の会場があり、各会場ともに規模が大きく、幅広い分野での商品仕入れが可能です。

登録年会費も参加費も安いです。

ただし、新規で入会する場合にはすでに会員となっている人の推薦紹介がなければいけません。

知り合いのつてを頼ってでも、一度はのぞいておきたい市場です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ