古物市場への参加

古物市場への参加

古物市場へは古物商許可証を持参しなければ入場できませんので、忘れずに持っていきましょう。

もし、まだ取得していない場合には、必ず古物商許可証を持っている友人と一緒に入場してください。

それであれば持っていないくても大丈夫です。


古物市場がどういうところなのか、見学したい場合には免許を持っている友人と一緒に行くと良いですね。

古物市場は閉鎖的な市場ですので、新しい人を好まない場合もありますが、規模が大きいほど新しい人でも入りやすいように心配りがされています。


参加費なども安い場合が多いですし、競りと呼ばれる価格交渉も、符丁という古物市場独特の掛け声を使わずに、わかりやすく金額そのままを掛け声にしているところが多いです。

ほとんどの場合、商品1点ごとに手数料がとられます。

この手数料は古物市場主にいくわけです。

しかし、それをいれたとしても十分に安く仕入れることができます。


例えば、新品同様の洗濯機が5000円、1万円程度で仕入れることができますし、冷蔵庫も同様です。

アウトレットの家具なども需要があり、あるものからどんどん売れていきます。

大きなものを仕入れるつもりであれば、トラックで行きましょう。

積み込みまでならば手伝ってくれる場合が多いです。


あまり安いからといって、車に積み込みできないほど仕入れることのないように、あらかじめ、どういうものを仕入れたいのかを決めていくと良いです。

保管場所も考えなければいけませんので、計画的にいきましょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ