ショッピングモール

ショッピングモール

商品を販売する上で、ショッピングモールに参加することも販売促進の一つです。

ただし、知名度の高いショッピングモールでなければ、集客することが難しく、いくら良い商品を陳列したところで、ショッピングモール自体に集客力がなければ、なかなかお客さんが訪れません。


また、ショッピングモールに参加するには、年間の契約料を支払わなければいけず、契約料は売り上げの何%ということもあれば、年間一律何十万円という場合もあります。

その契約料を差し引いて利益が出るように販売しなければいけませんので、ただ良い商品を出品するだけではなく、顧客へのメールマガジン配信、独自のポイント制度やセール開催など、魅力的な販売方法・サービスを展開する必要があります。

ただし多くの場合、ショッピングモール運営会社が、売れるお店作りに協力してくれますので、一緒になって販売促進計画を立てていくことになります。


ショッピングモールへの参加は基本的に個人でも法人でも可能です。

用は、使用料を差し引いても利益があがるかどうか、という点にかかっています。


販促ツールの貸し出しも運営者側で行っていますので、最大限に生かし、また、売れているほかのお店やライバル店をしっかりとチェックしなければいけません。

必要であればプロのライターにメールマガジンの執筆をお願いする、アフィリエイトしてもらうなどの方法もとらなければいけません。


現在、力のあるお店は楽天やヤフーショッピングのサイトでランキング上位にいますが、ほとんどが法人です。

個人の場合には、まずはオークションなどで顧客をみつけることが重要です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ