送料を知ろう

送料を知ろう

商品を販売する形態として、実店舗営業(対面販売)と、無店舗営業がありますが、実店舗営業の場合はあまり送料のことを気にしなくても問題ありません。


しかし無店舗営業の場合は、常に送料もコストの一つだと考えなければいけません。

何か商品を販売する際、それがあまりにも大きな商品の場合、送料もかなりかかります。


例えば古物免許を取得して、重機などを扱う場合には、正確な送料は事前に知ることはできません。

ですので、多くの場合、着払いでの発送になります。

送料は購入者持ちが原則です。

そのことを知らずに販売してしまうと、想像よりも実際の送料が高く、しかも元払いにしてしまうと、損をしかねません。


次に、小さなものを販売する際、いろいろな発送形態がありますので、前もって勉強しておきましょう。

郵便局からの発送は、書面や手紙などのほかに衣類なども定形外郵便物として送ることができます。

わざわざゆうぱっくなどを使うよりも安価ですが、保障がありません。

クロネコヤマトや佐川急便ではメール便というサービスもあります。

規定内の荷物のサイズであれば、240円程度で送ることができます。

荷物の追跡番号もありますが、こちらも保障はありません。


しかし、日本の郵便物や荷物というのは、ほとんど届きますので、よほど高額なものではない限り、多くの方が安い送料を好む傾向にあります。

さまざまな商品発送方法、料金を調べ、お客さんが選べるようにすることも、商品販売を促進させる秘訣ともいえます。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ