商品写真について

商品写真について

無店舗営業でネットオークションやショッピングモールを使用する際に、商品写真はもっとも重要なものだと言えます。

実際に商品を手に取らずに注文するのですから、写真の情報がすべてです。


つまり、写真に写っていない箇所に問題がある場合、そこを購入者に知らせないのは、詐欺だと判断されてしまうのです。

商品の良い点も悪い点も含めて、写真に収めなければいけません。


とはいえ、自分の商品はできるだけ魅力的に写したいものです。

商品のジャンルによって、どういう撮り方が好ましいのか、それぞれありますので、売れている出品者、入札がたくさん入っている商品の写真の撮り方をしっかりと勉強しましょう。


例えば、ファッション関係の場合、出品するTシャツだけの写真ではなく、ボトムスと組み合わせて撮ったり、バッグを持たせるなどすると、Tシャツの魅力をより出すことができます。

ブランド品の場合は、ブランド名のロゴをしっかり写す、タグがしっかり見えるようにするという配慮も必要です。


また、中古の場合は、写真を撮る前にきれいにクリーニングすることも忘れずに。

「発送前にクリーニングします」と、写真には汚れた商品を写しては意味がありません。

写真撮影前にクリーニングしましょう。


写真撮影の際には、是非背景にも気を配ってください。

背景に自宅の玄関が写っていたり、ごちゃごちゃとした棚が写っていたりすると、商品価値も下がってしまいます。

背景を簡単に加工する無料のソフトを使ったり、ぼかしを上手く利用して、商品をきれいに見せるのも一つの手段です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ