海外から仕入れて日本で売る

海外から仕入れて日本で売る

自分で商品を販売する際に、海外から仕入れて日本で売るという選択肢もあります。

日本で仕入れて日本で売るのとはまた違い、海外でしか入手できない商品は、日本では人気が出ることは間違いありません。


海外仕入れの方法の一つとして、現地に赴き、実際に商品を購入してくる方法。

これは例えば中国やアメリカに行って、商品を仕入れてくることです。


ただ、海外での仕入れルートが確立されていれば問題ないですが、ただアメリカにある店舗に行って、通常価格で購入してきたのでは、あまりに仕入れコストがかかりすぎ、日本で販売しても利益が出るかどうかわかりません。

自分の旅費も仕入れコストに入ります。


ですので、今話題になっているのが、海外オークションの利用です。

例えばイーベイを利用して、海外でしか手に入らないものを仕入れます。

すると、仕入れコストは仕入れ価格+送料になります。

自らの飛行機代よりもはるかに安いですね。

商品も膨大な数がありますので、自宅にいながら仕入れができるというわけです。


ただ、あまりにも大きな場合には送料がかなりかかります。

特にEMSでの配送は落札金額より送料のほうが高くなるということもよくあります。

しかし、保障のついていない船便や航空便は荷物が届かない可能性もあります。

日本のポストマンと外国のポストマンの質は、まったく異なります。


海外では荷物の横領や廃棄など、珍しいことではありません。

ですので、大切な荷物はできるだけ高くてもEMSで送ってもらうことが大切です。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ