日本から仕入れて海外で売る

日本から仕入れて海外で売る

海外から仕入れて日本で売る方法とは別に、日本から仕入れて海外で販売することも可能です。


日本での仕入れの場合、例えば問屋などで大量に購入しても良いでしょうし、オークションで安く手に入れても良いでしょう。

そして、海外へ販売する際には海外のオークションサイトイーベイを利用します。


イーベイで調べるとわかりますが、日本から日本独自のものを出品している日本人がたくさんいます。

やはり日本は"侍"というイメージが強いのか、日本刀や下駄、着物、浴衣などがも多数あります。

また、日本の精巧な刺青の本も人気です。


さらに、"オタク文化"の輸出も始まっていました。

数々の日本アニメのフィギュアやカード、小物類、ゲーム類も中古でも新品でも取引されています。

また、日本の精密機器も人気で、とくにデジタルカメラは日本製が人気です。


いろいろと見ていると、外国人の目線と、日本人の目線がまったく異なっていることにも気がつきます。

また、日本では当たり前のことや商品や海外では当たり前ではなかったり、日常生活の意外な誤算などもあります。

小さいところだと、海外にはヘッドが小さい歯ブラシがない、生理用品は日本製を使うと海外製は二度と使えなくなる、洗濯バサミがついている物干しがない、など、日本にいると当たり前のことが、海外では通用しないということがわかります。


こういう違いを調べて、海外オークションサイトで販売してみるのも面白いと思います。

ただし、洋服などは日本人サイズを海外に販売してもあまり意味がないので注意しましょう。

<古物商免許を取得したら参加できる「古物市場の全国1498箇所リスト」です♪>


これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


▼古物商免許を取得したら、参加できる古物市場の全国1498箇所リストです♪▼

これさえ知っておけば、仕入れもラクラク。古物商としてのビジネスチャンスが大きく広がります。



全国古物市場1498ヶ所こっそり教えます!
今なら業界地図を塗り替えるほどに古物商で稼ぐセミナー動画付き


古物商に必要なものにプレートと古物台帳があります。

プレートとは古物商の標識のことで、警察署で作ってもらうこともできますし、自分で購入や作成することもできます。

規定が決まっていますので、自分で購入や作成する際は事前に確認しておきましょう。

サブコンテンツ

サイトマップ